ご連絡先はこちら

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
長野県長野市松代町伊勢町577
松代まち歩きセンター内
TEL : 026-278-1277
FAX : 026-278-1277
〒381-1231
メールアドレス:yumekuukan-matushiro@topaz.ocn.ne.jp

お問い合わせフォーム
http://www.npo-yumekuukan.com/modules/inquiryyumekuukan

こちらからメールによるお問い合わせができます。

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

屋代線懐かしの写真展

日時/6月01日(金) 14:00~

費用/入場料:無料
場所/旧松代駅舎

・河東線開通 屋代駅~須坂駅間 大正11年6月10日

時  間:午前9時~午後5時00分(最終日午後3時)


主催 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

お問合せ NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

TEL 026-278-1277





信州松代 童謡のまち 企画展

日時/7月01日() 09:00~

費用/無料
場所/旧樋口家住宅(長野市指定文化財)真田公園南側

松代には童謡の先人として、
作詞家では・・・山上 武夫 ・ 海沼 実
作曲家では・・・坂口 涼 ・ 草川 信
といった諸先生方が活躍され、今日でも親しまれ歌い継がれておりますが日々忘れ去られつつあります。
 これからも、松代のまちおこしとして「童謡のまち」として継承していくために多くの方に童謡を理解していただけなければなりません。催しには豊富な資料を展示しておりますので是非ご覧ください。


・時  間・・・9時~16時30分(最終日は15時)


主   催・・・NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

お問い合せ・・・夢空間事務局 026-278-1277
〒381-1231長野市松代町松代(伊勢町)577
(まち歩きセンター内)





第14回まつしろ現代美術フェスティバル-泉水路(せんすいろ)- The 14th Matsushiro Contemporary Art Festival - Spring Waterway -

日時/8月25日() 09:00~

費用/入場無料[松代藩文武学校のみ入館料160円]
場所/寺町商家(旧金箱家住宅)長野市有形文化財 長野市松代町松代(寺町) 1226-2 TEL 026-214-5013

開催地/松代藩文武学校、寺町商家、旧前島家住宅、旧松代駅、山寺常山邸、ギャラリー松真館別館

主催/まつしろ現代美術フェスティバル実行委員会
共催/NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会、ISHIKAWA地域文化企画室、NPO法人原始感覚舎
実行委員長/木村仁 アートディレクター/杉原信幸 後援/エコール・ド・まつしろ倶楽部
地域発元気づくり支援金事業





まつしろ現代美術フェスティバル  - 松代の歴史的遺産・文化的景観保全を考える - 「松代の泉水・泉水路シンポジウム」

日時/9月03日(月) 13:30~

費用/参加費 無料(参加希望者は当日直接会場へお越しください)
場所/会 場 松代町 サンホールマツシロ 大会議室(松代総合病院向い・駐車場は旧松代駅裏駐車場をご利用ください)

 松代は三方が山に囲まれた扇状地を巧みに活かしたまちづくりがなされてきています。特に江戸時代には神田川や関屋川およびその伏流水を活かして町内に川、せぎ、泉水路などの水路網を張り巡らし、城下町の生活を支えてきました。
 武家屋敷は泉水路によって家々の庭園(泉水)をつなぐまちづくりがなされ、少しずつ減少傾向にはありますが、今日まで維持されてきました。これらは全国的に見ても、大変貴重な歴史的遺産といえます。
 一方、文化庁では、平成16年より重要文化的景観地区の指定を行い、文化的景観保全を推進しています。そこで、文化庁より重要文化的景観地区指定に携わる技官の方をお招きし、全国各地の重要文化的景観地区指定がなされた事例をご紹介いただくと共に、長年松代の泉水路の調査研究に携わってこられた信州大学農学部の佐々木邦博教授に松代の泉水路についてのご報告をいただいた後、松代の歴史的遺産・文化的景観保全のあり方について考えるシンポジウムを開催いたします。


第1部 講 演
「文化庁による重要文化的景観地区指定事例紹介」
 永井ふみ氏(文化庁記念物課文化財文部科学技官)
「全国から見た松代の泉水・泉水路の貴重性」
 佐々木邦博氏(信州大学農学部教授)


第2部 シンポジウム
司会   梅干野 成央氏(信州大学工学部准教授)
パネラー 永井 ふみ氏(文化庁記念物課文化財文部科学技官)
     佐々木 邦博氏(信州大学農学部教授)
     福川 裕一氏(千葉大学名誉教授・全国町並み保存連盟理事長)


主催 まつしろ現代美術フェスティバル実行委員会

共催 第41回全国町並みゼミ長野松代・善光寺大会実行委員会
   松代地区住民自治協議会歴史文化とまちづくり部会
   NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

お問い合せ先 「松代の泉水・泉水路シンポジウム」事務局
〒381-1231長野市松代町松代(伊勢町)577 TEL 026-278-1277 まち歩きセンター内

※平成30年度長野県発元気づくり支損金事業です,





斎藤徹+ザイ・クーニン「まつしろの地霊に捧ぐ」 第14回まつしろ現代美術フェスティバル クロージングイベント

日時/9月03日(月) 18:00~

費用/投げ銭
場所/寺町商家・質蔵

2018.9/3[月]クロージングイベント

18:00- 斎藤徹+ザイ・クーニン「まつしろの地霊に捧ぐ」
[投げ銭/会場 寺町商家・質蔵]協力ISHIKAWA地域文化企画室
ザイ・クーニン(シンガポール)
1964年シンガポール生まれ。彫刻やインスタレーション、パフォーマンスなど様々なメディアで制作。1986年からは音楽家としても活動する。主なグループ展に、2005年第3回福岡アジア美術トリエンナーレ、2011年シンガポール・ビエンナーレ、ヴェネツィアビエンナーレ2017シンガポール館など。

斎藤徹(コントラバス)
1994年アヴィニオンの国際コントラバス祭に招かれ、ミッシェル・ドネダ。バール・フィリップスらと演奏を展開。
神奈川フィルの委嘱で2つの二重協奏曲を作曲、演奏。世界各国でのコントラバス祭に招待されワークショップや演奏を行う。「信濃の国原始感覚美術祭2017-みのくちまつリ」にてジャン・サスポータスと共演。


19:30-クロージングパーティー[一品持ち寄り/会場松代AIR]参加作家との親睦を深める懇親会を行います。
松代へのアクセス
電車+バス 東京駅-新幹線かがやき・約1時間半-長野駅-バス約30分-旧松代駅
高速バス 新宿駅-約3時間半-長野駅-バス約30分-旧松代駅
車 長野IC-5分-旧松代駅

作品展示場所
松代藩文武学校/杉原信幸、ハ・ジョンナム
        佐藤啓。森妙子、黒田将行
山寺常山邸・庭/木村仁
ギャラリー松真館別館・旧牛乳処理場/中村明
寺町商家・北之蔵/淺井真至、中村綾花
旧松代駅/仁科正史 旧前島家住宅/蓮沼昌宏


問い合わせ先 まつしろ現代美術フェスティバル事務局
〒381-1231長野市松代町松代577
松代まち歩きセンター内
Tel.026-278-1277





第4回「松代藩士の戊辰戦争と明治維新」明治維新150年シリーズ 幕末から明治へ駆け抜けた松代藩

日時/9月22日() 13:30~

費用/参加費 500円
場所/松代支所2F会議室

平成30年第二期9月~11月開催


講師 原田和彦氏(長野市立博物館学芸員)
松代藩士は幕末、明治維新をどのように過ごしたのか。
松代藩士であり、明治維新も活躍した北沢正誠と大里忠一郎の2人を通して考えます。

会 場 長野市役所松代支所2F会議室
〒381-1231長野県長野市松代町松代(表柴町)1360
026-278-2280

申し込み不要・直接会場へ


第5回 日 時  平成30年10月20日(土) 13:30~15:30
    演 題 「明治天皇と東北信巡業と民衆」
    講 師  宮下 明彦氏(長野県図書館協会会長・NPO長野県図書館等協働機構理事長)
    会 場  松代支所2F会議室
    参加費  500円


第6回 日 時  平成30年11月24日(土) 13:30~15:30
    演題 「和田英と松代の製糸業」
    講 師  上條 宏之氏(信州大学名誉教授・現長野県短期大学学長)
    会 場  松代支所2F会議室
    参加費  500円


主  催
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
松代学講座運営委員会
長野県図書館等協働機構

お問合せ
〒381-1231 長野市松代町松代(伊勢町)577 TEL 026-278-1277





こんなに凄いお寺なのか! ~真田家ゆかりのニヶ寺の特別拝観~ 信州まつしろ城下町 歴史さんぽ お申し込み期限 開催2日前まで 

日時/10月27日() 09:30~

費用/費用 1,500円(保険料・拝観料を含む)
場所/集合場所:旧松代駅 受付開始:9:00~ 出発時間:9:30

證蓮寺の本堂の屋根は、何故高くて急勾配なのか。本堂内部からその謎を解きます。太子堂内部の鏝絵(こてえ)見学と鐘を鳴らす体験も予定。大英寺御霊屋の天井絵は、天女のほかに板に描かれたもう一枚の絵があり、参加者に限りそれを公開します。信之の娘・見樹院の信仰の深さにも迫ります。
(二ヶ寺をゆっくりと拝観)

定員 20名(最小催行5名)

9:30 旧松代駅→矢沢家表門→旧松代藩鐘楼→大英寺→證蓮寺→12:00頃 解散(ご希望の方には昼食場所を紹介します)


ご住職の素敵な話が期待できます!


真田十万石の城下町松代には、城下町のたたずまいを今に残した町並みや、真田家ゆかりの史跡も多く存在しています。
地元に暮らし、活動する人々が案内人となり、歴史さんぽへご案内します。


お申し込み・お問い合せ
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
TEL 026-278-1277
TEL〈受付時間〉9:00~17:00

お申し込み期限 開催2日前まで
(定員に達し次第受付け終了となります)





「和田英と松代の製糸業」 明治維新150年シリーズ 幕末から明治へ駆け抜けた松代藩

日時/11月24日() 13:30~

費用/参加費 500円
場所/会場 長野市役所松代支所2F会議室 〒381-1231長野県長野市松代町松代(表柴町)1360 026-278-2280

演 題 「和田英と松代の製糸業」
講 師 上條 宏之氏(信州大学名誉教授・現長野県短期大学学長)


主  催
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会 
松代学講座運営委員会
長野県図書館等協働機構

お問合せ
〒381-1231 長野市松代町松代(伊勢町)577
TEL 026-278-1277